かにぱん工場見学

もともと三立製菓では、関西を中心に「カットパン」という名前のパンを販売していました。
その後、ウサギやコアラ、パンダ、ボーリングのピンなど、いろいろなカタチのパンを作って販売していましたが、
1974年(昭和49年)にかにのカタチの「かにぱん」を販売。愛らしいカタチと、ちぎって食べると適度な大きさになる食べやすさから人気になりました。
まだカニの足にデコボコが付いてます。ちょっとリアル??
袋のサイドに線が追加されました。
キャラクターはやさしい雰囲気に。

かにぱんのバリエーション

カニカニ Kids Club
たっぷりミルクカルシウムとオリゴ糖を使用。やさしいチーズ味のミニかにぱんです。
ミニかにぱんチョコ
ミニサイズの『かにぱん』にチョコレートをコーティングした、軽食やおやつにぴったりの商品です。
ミニかにぱん ホワイトチョコ
ミルク仕立てのホワイトチョコでコーティング。
ミニかにぱん きなこチョコ
懐かしパンの代表格であるきなこパンをイメージしたきなこチョコ味。
ミニかにぱん ブラック
チョコレートやブラックココアを練り込んだパン生地と、チョコ風味シートを折り重ね、ミニかにぱんの形に型抜きしました。
日持ちがするので、買い置きの軽食としてぴったりです。